ブ ロ グ

  • ソレイユ

31cm未満で寄付しようと思っている方は、今すぐ来てください!!


支援団体「つな髪」さんがシステム変更をしましたので、当店からもお知らせです。


「15cmから寄付できる」支援団体は珍しく、当店もこちらの団体に多く髪を送ってきました。

初めの頃は髪の規制もなく、どんな髪質でも受け付けていましたが、途中から綺麗な髪のみになったり、認定証が届くまでに数ヶ月かかるようになりました。

3年前にプロジェクトを始め、これまでに48,000人以上の方が髪を寄付し、393名の方にウィッグをプレゼントしたそうです。

当初は月 数十件だった髪の寄付が、今は月1000件以上だそうです。

そのため、作業が追いつかないのが現状のようです。


残念なことに、10月21日をもって、31cm未満の髪の受け付けを一時休止するそうです。

作業が落ち着き次第、復活するということなので、それまで切った髪を大切に保管するか、できれば31cmを超えるくらい伸ばして欲しいところです。


31cm以上ある方は、10月21日を過ぎれば今まで通り受け付けてもらえますし、当店では別の支援団体「NPO法人HERO」さんにも登録しているので、そちらも31cm以上になりますが、寄付できます。


認定証も今まで名前入りの賞状のようなものでしたが、それも変わり、名前や認定日の記載はなく、カードサイズのコンパクトなものになるそうです。


そして認定カードを希望する際、返信用封筒を用意し、住所等記載、84円切手を貼り付けた状態で、髪の毛と一緒に送る形になりました。


当店では、つな髪の住所はこちらで記入しますが、お客様にはそれ以外の封筒を用意、おもて面の記入、切手を貼るところまでしてお持ちいただきたいです。

封筒のサイズはカードが入る程度のものであれば大丈夫です。



髪を31cm以上寄付しようと思うと、なかなかの忍耐が必要なところでもありますよね。

しかし実際は、半分の15cmほどの長さのウィッグになるそうです。

頭のてっぺんから15cmというと襟足くらいでしょうか。

ロングヘアーのウィッグをプレゼントしようと思うと、60cm以上の髪が必要なんでしょうかね。


つな髪さんの一時休止は、残念に思う方もいると思いますが、長い髪のウィッグを待っている子供たちもたくさんいると思います。

そんな子どもたちのために、髪をさらに伸ばすきっかけだと、いい方向に解釈していただけると嬉しいです。


当店では毎月10名以上のお客様が、髪を寄付するためにいらっしゃいます。

8月は夏休みの自由研究にすると言っていた小学生の方もいました。


私たちもヘアドネーションの認知が広まったなと実感もしていますし、見えない人へのために頑張って髪を伸ばしたという人と出会う度に、心を打たれます。


どのくらいの期間か分かりませんが、また31cm未満の髪でも送れるようになりましたら、当店からもお知らせ致します。


10月21日より前でしたら送れますので、31cm未満で、近々切ることをお考えの方がいらっしゃいましたら、急いだ方がいいですよ!

  • ソレイユ

ヘアドネーションのHPから、うちを見つけて来てくださる方が増えています。

今月だけでも5名のご新規様がいらしてくださいました。


ヘアドネーションの流れとしては、

まず「切る!そして人のためになる!」

という優しい気持ちと勇気を準備します。


ある程度「どのくらい切ろう」というのを決めてきていただけると、当日スムーズです。


いざ切るとき、仕上がりのスタイルを想像しながらゴムで結びます。


ここまで来たらもう後戻りはできません。(笑)


バッサバッサ切っていきます。

大切に伸ばしていただいた髪を手に持ってもらい、重さを実感していただきます。


あとは普段のカット同様、希望のスタイルを相談しながら切っていきます。


切り終わる頃には、ショートスタイルも見慣れてきます。

私たちもお客様一人一人に似合う髪型を、真剣に見極めます。


切り終わった毛束は個別包装し、うちでは3名分集まったら送るようにしています。

ヘアドネーションをする際に必要な、名前や住所登録など全て私たちが行います。


「つな髪」さんは希望制で認定証の発行を行っています。

後日ご自宅に届きます。



以上の流れになります。

通常のカットよりも時間はかかります。

金額は、「通常料金+500円」いただいております。



1人でも多くの方に「ヘアドネーション」という言葉を知っていただきたいです。

困っている子供たちのために、髪を伸ばしてみませんか?

  • ソレイユ

こんにちは!あやかです😊

先日、結婚1周年を迎え、北海道旅行に行って参りました!



私のネイルも夏仕様でカラフル💛💙🧡




ソレイユの人たちはみんな派手な服装だから、お客様に喜ばれます😋

時々行く老人ホームでのボランティアカットでも、あえて明るい服を着ていきます。


明るい服に抵抗がある方は、せめてソレイユに来るときだけでも!勇気を出してチャレンジしてみませんか😋

  • Instagramの - 灰色の円